施工の流れ 

ビニールシート等で施工する窓ガラスの周辺をしっかりと養生して、家具、床、カーテンなどが濡れないようにします。

貼付ける窓ガラスのサイズより少し大きめに、フィルムをカットします。

ガラス表面やサッシに付いているコーキングのカス、ホコリなどを、スクレーバー、スクイジーなどの専用工具でしっかりと掃除します。

中性洗剤を水で薄めた溶液を硝子面とフィルムの貼付け面にスプレーで噴霧し位置を合わせながら慎重にフィルムを貼付けた後に仮圧着します。

サッシ枠の大きさに合わせてフィルムをカットします。その際、フィルムとコーキングの間は1~3mm程度の隙間を空けます。

スキージーやヘラを使用し、フィルムとガラスの間に残っている水分や気泡を丁寧に外へ押し出します。

フィルムとガラスの間にゴミの混入が無いか、表面の折れや傷が無いかを確認し、問題が無ければ養生を撤去。サッシ周りなどの水をふき取ります。『本当にフィルムを貼ったのですか?』と聞かれるほど、きれいな仕上がりになります。